ノビコト

教育ライター 兼 双子母 が子供に関するあらゆる情報を発信

【中学受験】公立中学校の魅力とは。私立中学校となにが違うの?

 

f:id:nobikoto:20190409114301j:plain

小学校卒業後の進学先は人それぞれです。私立中学校を目指す家庭もあれば、地元の公立中学校に進む家庭もあります。できるなら、私立中学校と公立中学校、どちらの魅力についても知っておきたいもの。この記事では公立中学校にはどんなメリットがあるかを紹介していきます。

 

 

公立中学校および私立中学校にかかる費用

f:id:nobikoto:20190409131117j:plain

公立中学校および私立中学校にかかる費用は以下のとおりです。

 

学習費総額では、公立中学校のほうが大幅に安上がり

文部科学省が出した「平成28年度子供の学習費調査」によると、公立中学校の学習費総額(保護者が子供の学校教育および学校外活動のために出した経費の総額)は478,554円、私立中学の学習費総額は1,326,933円です。

 

つまり私立中学に通うと公立中学の2,8倍学習費にお金をかけていることになります。

 

学校教育費だけで比較すると、公立中学133,640円に対し、私立中学は997,435円。以下内訳を見ていきましょう。

 

  公立中学校 私立中学校
授業料 0 425,251
修学旅行・遠足・見学費 25,038 74,169
学校納付金等 13,994 261,545
図書・学用品・実習材料費等 23,839 37,689
教科外活動費 31,319 57,008
通学関係費 35,914 135,961
その他 3,536 5,812

 

このようにかかる費用には大きな差があります。子供は成長するにつれ、お金がかかるもの。公立中学校の安さは魅力的です。

 

補助学業費(塾代など)は公立中学校のほうがかかる

意外かもしれませんが、公立中学校は私立中学より塾などの補助学業費が、高くついている結果です。

 

公立中学校に通う子供の補助学業費は約240,000円に対し私立中学校に通う子供は約204,000円。

これは私立中学校のほうが補習授業などで手厚く生徒の勉強をフォローしているためだといえます。

 

公立中学校では通学時間が短くて済む

f:id:nobikoto:20190409130625j:plain

私立中学校の通学時間は片道1~2時間かかるケースも多いです。往復で考えると、その倍の時間を費やしている計算になります。

比べて、公立中学校は地元なので徒歩で通え、時間もかかりません。朝起きる時間を早める必要がないため、睡眠時間を確保しやすく、放課後の予定も組みやすいです。

 

地元の友達ができる

私立中学校は、さまざまな地域から生徒が集まります。対して、公立中学校は地元の生徒ばかりです。家が近ければ休みの日も遊びやすいですし、地元のつながりができる心強さがあります。

 

成績上位を狙いやすい

f:id:nobikoto:20190409130701j:plain

私立中学校には同じぐらいの偏差値の子供が入学してきます。その分、学内で成績上位を狙うのは難しくなりがちです。

 

とりわけ難関校に入学した子供は、小学校でトップをひた走ってきたという自負心があります。入学後、自分の成績が思うように上がらないことで、自尊心を傷つけられ、勉強に対するモチベーションを見失うケースもないわけではありません。

 

しかし、公立中学校であれば、入学してくる子供の成績はまちまちなため、成績上位を狙いやすくなります。

成績上位をとることができれば、勉強に励む上でモチベーションを維持しやすいです。

 

社会の多様性を学ぶ場になる

f:id:nobikoto:20190409130827j:plain

私立中学を受験する子供の大半は、経済力のある家庭に生まれています。筆者が教えていた中学受験専門塾の生徒も、裕福な子供ばかりでした。

 

一方で、世の中にはさまざまな人がいることを知り、多様性を学ぶことも大切です。公立中学校に通えば、多様な背景を持つ同世代の子供たちとの出会いを経験できるでしょう。

 

公立中学校のメリットを知っておこう

f:id:nobikoto:20190409130923j:plain

私立中学受験を目指していると、なかなか公立中学校を意識することはないかもしれません。しかし、中学受験を目指している家庭でも、今後子供が「やっぱり地元の公立中学校に行きたい」と言い出す可能性もあります。

公立中学校にもさまざまなメリットがあることを知っておけば、いざというときに選択の幅が広がるはずです。

 

 

中学受験の記事