ノビコト

教育ライター 兼 双子母 が子供に関するあらゆる情報を発信

【必見】双子母おすすめ! お風呂タイムにお役立ちアイテムを!

f:id:nobikoto:20190410133437j:plain

育児において、悩ましいことのひとつにお風呂タイムが挙げられます。

 

とりわけ子供が0歳から1歳のころ、お風呂タイムをワンオペでこなさなければならない日は、憂鬱で仕方ありませんでした。

 

この記事では、そんなお風呂タイムの悩みをやわらげてくれた、お役立ちアイテムを紹介します。

 

 

出産前に用意したい、沐浴に役に立つアイテム

 

リッチェルから出ている「ふかふかベビーバスW」

生後しばらくの間、お世話になりました。台所の流し台にセットできる大きさが便利です。

小さなビニールプールといった作りで、使わなくなった後は空気さえ抜けば場所をとりません。子供のちょっとした水遊びにも使えます。

 

ミヨシの「無添加 泡で出てくるベビー石鹸」およびサラヤ「アラウベビー 泡全身ソープ」

 

赤ちゃんの体を洗うのに使います。泡切れがよくて使いやすいです。低刺激らしく赤ちゃんも気持ちよさそうにしていました。

 

我が家ではしばらくこちらの商品を使い続け、途中からarau.の「アラウベビー 泡全身ソープ」に切り替えています。

 

特にミヨシのほうに不満はなかったのですが、出産後、大学病院に入院中に使ったのが「アラウベビー 泡全身ソープ」で、とてもよい香りがしたのを思い出したためです。

 

ちょうど、男児のほうの頭の匂いが、気になってきた時期のことでした。

 

結果として、アラウベビーが頭皮の汗っぽい匂いに対し、抑制効果を発揮したかというと、そこは正直いまいちです。

 

けれど、アラウベビー独特のよい匂いは、憂鬱なお風呂タイムを明るくしてくれました。ストレスが軽減されるハーブの香りです。

 

Dacco ガーゼハンカチ

 

乳幼児のいる家庭では、ガーゼハンカチは何枚あっても不思議と足らなくなります。使用頻度が高いため、多めに用意しておくとよいでしょう。

 

10枚入りのこちらは、入院していた大学病院で用意されていたものです。我が家は双子だったこともあり、のちに2回ぐらい買い足しています。

 

やわらかくて使い勝手がよいのでおすすめです。

 

 

子供と一緒にお風呂に入るようになったら必要なアイテム

 

リッチェル ひんやりしないおふろマットR

今回の記事の中で、最もおすすめなのがこちらです。

 

正直、これが届いたとき「えっ、ただのピンクの発砲スチロール!」と思ったことをここに告白します。しかし、この「ただのピンクの発泡スチロール」、絶妙なフォルムなんです。

 

洗うときに子供の身体を横たえるのに使うのですが、夫婦ともに「これなくしてお風呂タイムなし……」と驚嘆する収まりのよさ。

 

子供も抵抗しないで洗われてくれました。

 

名前のとおりひんやりすることもありません。

 

子供が横になるのを嫌がるまで、ずっと使い続けたキング・オブ・お風呂アイテムです。

 

あと、こうしたお風呂の補助アイテムは、カビないようにメンテナンスするのが大変なのですが、こちらは手間いらず。

 

ズボラでガサツな筆者は、水でひと流しして脱衣所の洗濯機に立てかけるだけでしたが、最後まで衛生的な状態を保てていました。有難かった!

 

あえて短所を挙げるなら背中が洗いにくいこと。身体を少し浮かせて手を回さないといけません。

 

でも、他の形状のもの、たとえばいす型を選んでもお尻まわりが洗いにくそうですし、これでよかった! と思っています。首が据わらないうちから長く使えておすすめです。

 

フィッシャープライス インファント・トドラー

自分の体を洗っている間、子供をどこで待たせるかは悩ましい問題です。

我が家ではフィッシャープライスのバウンサーを使っていました。

 

我が家で使用していたデザインとまったく同じものはもう取扱いがないようなので、代わりにこちらを紹介します。おもちゃが以前の型より豪華になっているようです。

 

我が家は双子なので、親が体を洗っている間と双子のうちのどちらかを洗っている間、待たせておく場所が必要でした。

 

 

そこで、苦肉の策としてとったのが、脱衣所にバウンサー2台を設置することです。

 

まず2人をバウンサーに座らせて、待たせている間に自分の身体を洗います。

 

次にバウンサーから子供を1人おろして、順番に洗っていく、というやり方です。

 

だいたい後回しにされたほうが大泣きするので、お風呂タイムが大変なのは変わりませんが、とりあえず子供の安全は確保されます。

 

フィッシャープライスのバウンサーはかわいいおもちゃがついているので、子供も気がまぎれるようで使い勝手がよかったです。

 

なによりバウンサーとしてはかなり安く、助かりました。離乳食を与える際にも使ったのですが丸洗いできるため、衛生的な状態を保ててよかったです。

 

 

一歳半ぐらいから使えるアイテム

ピジョン コンディショニング 泡シャンプー ふんわりシャボンの香り

男児の頭皮の汗臭さ問題を解決してくれたシャンプーです。長らくボディソープで髪を含め全身を洗っていた我が家ですが、一歳半の段階でこのシャンプーを取り入れました。

 

シャンプーですが、コンディショニング成分も入っていて髪の状態が改善します。

 

なにより、匂いの抑制効果が際立っていました。汗の匂いに負ける日もないわけではありませんが、善戦してくれていると思います。

 

三歳になった今もずっと使い続けている商品です。

 

オーエ ベビーボディ スポンジ ベージュ

 

「そろそろスポンジで体を洗ってもよいかな」という頃に買ったのがこちら。

 

柔らかくて肌触りがよいらしく、子供も嫌がりません。長く使ってもぜんぜん傷まないので、ずっと使い続けられる丈夫さも魅力です。もっとも、衛生的にはこまめに買い替えたほうがよいのかもしれません。

 

トムス・エンタテインメント おふろポスター各種

我が家では数字のポスターを貼っています。最初は絵を見て楽しむところから始めて、今は10までの数を読めるようになりました。

 

ただ残念ながら、面白がってぐしゃぐしゃにされてしまったせいで、我が家のポスターは貼りつきにくくなっています。

 

子供たちはポスターがだいすきなのでそろそろ新しいものに買い替える予定です。 

 

アガツマ アンパンマン おふろでピタっと! あいうえお教室

 

トムス・エンタテインメントのものより更に丈夫なポスターで、ウレタン製のブロックを貼りつけながらあいうえおを覚えます。

 

貼り付けるのが楽しいらしく、覚える助けになっているよう。

 

欲を言えば、ウレタン製のブロックがずり落ちてくる仕様が改善されればと思いますが、三歳前にいくつかのひらがなを覚えられたのは、これの効果が大きいです。

 

 

お風呂タイムにおける、親の負担を減らそう

お風呂と寝かしつけは、育児の中でも特に大きな負担になりがちです。

 

本来なら、お風呂はリフレッシュできる時間のはずなのに、毎日あれこれ悩まなければならないのは辛いこと。

 

お役立ちアイテムを取り入れて、お風呂の悩みをひとつずつ減らしていきましょう。

 

きっと楽しくわいわいとお風呂に入れる日がやってきます。

 

 

最後に我が家のお風呂グッズベスト3を改めて紹介します。

 

一位

 

二位

 

三位

 

 

以上です。皆さんのお風呂タイムにおける負担が少しでも軽減されますよう!

 

 

育児関連記事はこちら

 

www.nobikoto.com