ノビコト

教育ライター 兼 双子母 が子供に関するあらゆる情報を発信

【名古屋中心】愛知県内で行ってみたい、雨天OKな子供の遊び場。子連れで楽しめるおすすめの場所

f:id:nobikoto:20190911053920j:plain

休みの日、家にいると子供はすぐに退屈してしまいがちです。この記事では筆者の住む名古屋を中心に、愛知県内で行ってみたい子供の遊び場について紹介します。

 

「巨大屋内遊園地」を謳う遊び場、ファンタジーキッズリゾート名古屋北

f:id:nobikoto:20190911054034j:plain

春日井市のヨシヅヤ内にあります。筆者は一ヶ月ほど前に行ってきました。

 

ワンフロアまるまる遊び場になっていて、目を瞠る規模です。これまでもプレイグラウンドに行った経験はありましたが、ダントツで充実しています。


メインは空気で膨らませた、ビニール製の遊具です。大規模な滑り台が数多くあります。滑り台は階段の代わりに、でこぼこした足場をよじ登るような仕様。のぼって滑っての繰り返しに子供たちは大興奮でした。

 

他にもサーキットを楽しめるスペースや、さらさらの砂で遊べる砂場、ドレスアップして写真を撮れるフォトスタジオなど、数えきれないぐらいのアトラクションがあります。

 

フロアのそこかしこを遊びに夢中な子供たちが、勢いよく走り回っています。そのため、子供が一歳から二歳ぐらいだと、ぶつかってケガをしないか不安かもしれません。

 

そんなときは、0歳~3歳限定のスペース、ミルキッズ広場に行ってみてください。知育玩具でのんびり遊んで過ごすことができます。授乳室と繋がっているため便利です。

 

食事がしたくなったら、リゾート内で食べられます。ただし販売は、甘いものに偏った品ぞろえでした。

 

持ち込み可なので、家でお弁当を用意しておくか、一階のスーパーで傷みにくいものを買って、コインロッカーに預けておくとよいでしょう。もしくは、昼の時間に買いに出て、再入場するのをおすすめします。

 

食事や休憩をするための席はたくさんありますが、昼のピークは混むかもしれません。食事の時間は少しずらしたほうがスムーズです。

 

ファンタジーキッズリゾート名古屋北(愛知県)

営業時間 [平日]10:00~18:00
     [休日]10:00~19:00
      ※休日とは土・日・祝日・国民の休日 学校が長期休暇となる春・夏・冬休みの期間中
住所   愛知県西春日井郡豊山町豊場幸田197-1 ヨシヅヤ豊山テラス2F

電話   0568-29-1777

定休日  第一、第三木曜日 
      ※祝日・国民の休日・春休み・夏休み・冬休み期間中は休まず営業

利用料

f:id:nobikoto:20190911060149p:plain

年会費は1家族につき350円です。

初回来店時には身分証明書が必要になります。

リニューアルで子供が遊べる施設に。大ボリュームの名古屋市科学館

f:id:nobikoto:20190911061023j:plain
名古屋市科学館というとまず、プラネタリウムを思い浮かべる人が多いでしょう。この科学館はギネス記録にも載った、巨大なプラネタリウムで有名です。

 

プラネタリウムには一般上映だけではなく、ファミリー上映の回もあるため、幼児でも気軽に連れていくことができます。

 

ただ、プラネタリウムの暗くて閉ざされた環境の中で、「我が子が怖がったり騒いだり泣いたりしたらどうしよう……」と不安に思う家庭も多いはずです。

 

ちなみに、うちの三歳の双子はといえば、娘のほうは入場直前に不機嫌スイッチが入り、ドームに入ることさえままなりませんでした。

 

仕方なく息子と夫だけを行かせたところ、息子は上映中、夫の膝から脱出を試み続けたそうです。出てきた夫は、「いや、お互い大変だったね」と苦笑していました。

 

一概には言えませんが、三歳児だと子供によってはまだ早いかもしれません。

 

なによりせっかくのプラネタリウムなのに、保護者が気疲れしてしまうのはもったいないことです。

 

我が家の双子が盛り上がったのは科学館のほうでした。子連れにとって満足できる空間となっています。

 

二週間ほど前に行ってきましたが、6時間かけて、特設展示と2階の2フロア分しか見られませんでした。そのぐらい子供が退屈せずに遊べる環境です。

 

筆者は子供の頃から名古屋に住んでいますが、科学館を「面白かった」と感じたことはあまりありませんでした。しかし、2011年のリニューアルで掲げられたコンセプトのひとつに、「科学好きの子供を育てる科学館」というものがあります。

 

したがって、現在の科学館は子供の興味を引く仕様に変わっているのです。とりわけ双子が興味を示したのは、綿毛を飛ばしたり下ろしたりするコーナー、ドーナツ状の雲を作ってみるコーナー、それからマプサウルスの骨の展示でした。

 

子供が自分で操作できるハンドルやボタンが、仕掛けにたくさん組み込まれているので、理屈を理解していなくてもひっぱたり押したりと、飽きずに長く遊べます。

 

食事は科学館併設のカフェがあり、子どもでも食べやすいホットドッグなどが注文可能です。ケチャップとマスタードは別でくれるので、味の調整もできます。

 

科学館の中には休憩室が三か所設けられていて、食事の持ち込みもOKです。

 

名古屋市科学館

営業時間 9:30~17:00
住所   名古屋市中区栄二丁目17番1号 名古屋市科学館
電話   052-201-4486

休館日 
月曜日   祝日の場合は開館し、直後の平日を休館
第3金曜日 祝日の場合は開館し、第4金曜日を休館します。
年末年始  12月29日から1月3日
その他 臨時開館、休館日があります。
詳しくはカレンダーで確認

アクセス
東山線・鶴舞線「伏見」下車4・5番出口から徒歩5分
市バス「広小路伏見」下車徒歩5分
名鉄バス「白河公園前」下車徒歩5分

 

観覧料

f:id:nobikoto:20190911060538p:plain

特別展は含まれない

 

市美術館常設展と市科学館展示室の共通観覧券

f:id:nobikoto:20190911060801p:plain

特別展は含まれない


定期観覧券

f:id:nobikoto:20190911063809p:plain

適用期間は購入から一年間

特別展は含まれない

 

巨大トランポリンが魅力。あそびの世界プライムツリー赤池店 キドキド

f:id:nobikoto:20190911062724j:plain
赤池にあるプライムツリーというショッピングモールの三階にあります。

 

プレイグラウンドに当てているのは、あくまでフロアの一部であるため、初めに紹介したファミリーキッズリゾートよりもかなり小規模です。

 

しかし、ファミリーキッズリゾートは親が一瞬でも目を離すと、迷子になること間違いなしなので、こちらの限定されたスペースのほうが気楽かもしれません。

 

少なくとも小さな子供にとっては、終日遊んでも退屈しないだけの遊具やおもちゃが揃っています。

 

ファミリーキッズリゾートが一日かけても「遊びきれない」場所なら、キドキドは一日をかけて「遊びつくす」場所だと言えるでしょう。

 

巨大なトランポリンや、滑り台、ボールの池、ブロックなど、いろいろな遊びが楽しめます。子供たちをこれまで二回連れていっていますが、何時間でも夢中になって遊び、なかなか帰ろうとしてくれません。

 

食事は同じフロアにセンスの良いフードコートがあり、なにを食べようか迷うぐらい充実しています。

 

あそびのせかい プライムツリー赤池店のご案内

営業時間 10:00〜19:00(18:30受付終了)
住所   愛知県日進市赤池町箕ノ手1番 プライムツリー赤池3階
電話番号 052-803-5231

アクセス 赤池駅から徒歩4分

 

利用料

f:id:nobikoto:20190911063431p:plain

 

平日のお得なフリーパス

f:id:nobikoto:20190911064610p:plain

 

 

おすすめの子育て関連記事 

www.nobikoto.com