SHIINBLOG

ノビコト

教育ライター 兼 双子母 が子供に関するあらゆる情報を発信

【DWE】ワールドファミリーのブルーキャップ合格。TEは全部やる?

dfamilyf:id:nobikoto:20210107164059j:plain

先日、ようやくワールドファミリーのブルーキャップに合格し、わが家の双子もライトブルーキャップに続く新たなキャップを手にすることができました。この記事ではブルーキャップ合格に至る流れを紹介します。

 

 

ライトブルーキャップより審査基準が厳しいブルーキャップ

当初、ライトブルーキャップを受けていたときの気楽な感覚で、ブルーキャップのオーディオキャップに挑戦したのですが、結果は不合格(try again)でした。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

【不合格】DWEのライトブルーとブルーキャップでは歌の評価基準に大差

ブルーキャップは多少のミスなら許してもらえる場合もありますが、あくまで入門的位置づけだったライトブルーとは審査基準が異なります。

 

ネットでの感想を見ると、基準がまちまちな印象を受けるので、審査に当たる先生の匙加減もあるかもしれません。

 

ブルーキャップの進め方

ブルーキャップの項目は多岐にわたり、中にはキャップ自体の合否には関係ない項目もあります。もちろん、全てクリアしたほうが勉強にはなるでしょう。

 

我が家に関して言えば、ブルーキャップではモチベーション維持のためにあえてショートカットしたところが多々あります。たとえば、オーディオCAPパート1「The ABC Song」「Pre Sing Along!1」「Sing Along!1」の3項目をクリアするかどうかは、キャップの合格自体には関係ありません。

 

そのため、この3項目はさらりとやらせて応募自体はしませんでした。オーディオCAPパート2の7項目はもれなく挑戦しています。

 

ブルーキャップで難しい課題はどれ?

単語とセンテンスを録音する課題であるPre Lesson1~3は問題なく進められました。難しかったのは、Review1~3とBook3 Telephoneです。


Reviewは提示された課題の中から好きなものを選んで挑戦できるため、わが家は下記の赤字のものを選びました。

 

Review1 

What‘s in Your Basket?(Lesson3) /The ABC Song (Lesson4)/Boys and Girls(Lesson5)


Review2

Heuy Takes a Red Ballon(Lesson2) /Birthday,Birthday(Lesson5)/What Does a Duck Say?(Lesson6)


Review3

The Wishing Song(Lesson6) /モンスターの詩の一篇(Lesson5のActivity Book1 p34) /When Pluto is Happy(Lesson5)

 

Review1は歌ではなく朗読する詩を選びました。シンプルな文章なので歌よりも難易度が低いように思えたためです。

 

Review2はひと通り歌ってみて決めたいとのことだったので、娘と息子にざっと3つの歌を歌ってもらいました。結果、上記のとおり二人の歌いたいタイトルが分かれました。難易度としては「Birthday,Birthday」が一番易しい印象です。

 

Review3はテンポがスローで歌いやすい歌を選びました。

 

当初は何度も歌って練習したのですが、それだと子供に無理強いしているのと同じだなと考えてやめました。今は、たまに歌を流したり当人たちの気が向けばe-pocketをやったりして数カ月様子を見て、本番に挑戦という流れです。そのころには歌詞はほぼ頭に入っています。

 

Book3 Telephoneは子供たちのご機嫌がカギ?

ブルーキャップの最後を締めくくるTelephone。その名のとおり電話での質疑応答です。内容は手引きに載っているので、あらかじめ練習ができます。しかし、いざ本番となったとき、意外にも大苦戦しました。

 

CAPがテレフォン・イングリッシュデビューだったわが家

先生と電話で話すタイプの試験テレフォン・イングリッシュCAP。先生に口頭で「CAP, Book3 Lesson6」と伝える必要があります。

 

この「CAP」の一言をつけ忘れると、テストではなく通常のテレフォン・イングリッシュの扱いとなるため注意が必要です。

 

さて、大きな声では言えませんが、わが家はCAP本番までもっぱらe-pocketばかりで、テレフォン・イングリッシュをぜんぜんやっていませんでした。

 

一般的にはテレフォン・イングリッシュでいろんな単元を練習してからの本試験という流れなのはわかっています。しかし、挑戦する時間を確保するのが難しかったのと、子供たちが身構えてしまい、いざ実際に電話をかけるところまでたどり着けなかったのです。

 

一週間前から子供たちには「〇曜日に電話で英語の先生と話すよ」と伝え続けました。当日「いやだ、やらない」と言われては大変ですから、心の準備をしてもらったわけです。


本番数日前から、私が先生役を務めて何度か通しでリハーサルしてみました。プルートが誕生日プレゼントをもらう話が課題です。くすくす笑える質問もいくつかあるため、子供はそれなりに楽しんでリハーサルに参加してくれました。

 

当日、思いがけず不機嫌になる息子

マニュアルの英会話例を読み込んでいたため、親と先生とのやり取りはスムーズに運びひと安心。ところが、先生の「どういう順番でやりますか」という質問に、「娘、息子の順番でお願いします」と英語で伝えたあたりから雲行きが怪しくなりました。

 

後回しにされて息子の機嫌が急転直下したためです。さっきまで張り切っていたのに手のひらをくるり、「ぼくもうやだ。やらなーい」とふてくされてしまいました。よりによって、このタイミングかー! と天を仰ぎました。

 

そもそも、小さな子供二人。順番に試験を受けさせるのは大変です。待っているほうがもう片方にちょっかいを出してところどころ大騒ぎ……。いたたまれず電話を替わって先生に「騒がしくて申し訳ない」と英語で伝えました。先生は笑ってくれましたが、本当に申し訳なかったです。


ギャアギャア騒がしいながらも、本人たちも一応続ける意思はあったようで最後までなんとか質疑応答は完了。途中何度か詰まりましたが、息子が一問「I don't know」と答えたところ以外は正解でした。一回目に惜しい答え、二回目に別の惜しい答え、三回目に「I don't know」と答える息子……。

にもかかわらずぶじ合格をもらえたのは先生の恩情でしょう。有難うございました。本当にお騒がせしました。

 

PASSが表示されるまでには日数がかかる

テレフォン・イングリッシュでは、先生からその場で合否を教えてもらえます。ただし、ネット上のマイページにその記録が反映されるまでにはタイムラグがあります。わが家の場合、PASS表示までに一週間かかりました。キャップとシールの発送もそのあとでした。

 

ブルーキャップに合格してみて

本人たちのペースでやらせると割り切ったため、ライトブルーから時間がかかってしまいました。
ライトブルーの記事についてはこちらから

【DWE】ワールドファミリー会員のCAP制度。ライトブルーから挑戦

 

本当なら隈なく全てのカリキュラムを終えてからグリーンに進むのがよいのでしょうが、子供たちのモチベーションを考えて、駆け足になりました。

 

またもう少し大きくなってから多少復習できればよいと今の時点では判断しています。

 

おすすめ記事

【不合格】DWEのライトブルーとブルーキャップでは歌の評価基準に大差

DWE(ディズニー英語システム)は高いのに効果なし? 驚きの成果

【DWE】ワールドファミリー会員のCAP制度。ライトブルーから挑戦

【DWE】ワールドファミリーのショッピングでこれは買いだと思ったモノ!

DWEの歴代イングリッシュ・カーニバルを比較! 2017~2019のおすすめは?

【秘策】DWE(ディズニー英語システム)を買って後悔? 再活用するには!
www.nobikoto.com