SHIINBLOG

ノビコト

教育ライター 兼 双子母 が子供に関するあらゆる情報を発信

【四谷大塚・早稲アカ】全国統一小学生テストで必須のマル秘対策!

CMでもおなじみの四谷大塚「全国統一小学生テスト」を知っていますか。

全国2500以上の会場で15万人が受ける無料テストで、四谷大塚系列の塾や早稲田アカデミーでも申し込みを受け付けています。

 

せっかく受けるなら高得点をとって自信につなげたいもの。この記事では中学受験塾に勤めていた立場から、「全国統一小学生テスト」のマル秘対策法を紹介します。

 

全国統一小学生テストって難しいの?

全国統一小学生テストはどのぐらい難しいのでしょうか。

 

小学校で学ぶ内容とは大差

基本的な問題も出るには出ますが、やはり小学校で学んでいる問題よりだいぶ難しいレベルだと認識してもらって間違いないです。学年が上がれば上がるほどその開きは明確になります。

 

初めてテストを受ける低学年は要注意

そもそも、低学年の子供は、テストにおいて実力を発揮しづらいものです。

小学一、二年生ぐらいだとテスト経験の不足が失点に直結します。

 

たとえば、テスト中に

「この問題ってどういう意味ですか? 読んでも意味がわかりません」

「答えってどうやって出すんですか? これであってますか?」

なんてある意味ほほえましい(けれど絶対に答えられない)質問をしてくる子供が少なからずいるのが一、二年生です。挙手する子供の半分ぐらいはそうした質問をしてきます。


テスト中のトイレひとつとっても、いろいろなことが起きます。試験前には、試験監督からトイレを済ませるよう呼びかけますが、テスト中にトイレに立つ子供は多いです。緊張しているせいもあるでしょう。ひとり立つと我も我もとあとに続くケースはよくあります。

 

トイレ自体はもちろん行きたいときに行くべきものです。しかし、ただでさえ難しいテストで、残り時間が短くなると子供は焦ってしまいます。


どんなテストでもそうですが、テスト慣れしていないと、変なところでタイムロスしてしまったり、解答欄の書き間違いをはじめとするケアレスミスをしてしまったりします。

 

そのため、「テスト問題が難しい」というより「テスト自体が難しい」という事態に陥りがちです。そうなると、あまりよくないテスト結果に落ち込むことになります。

 

慣れないテストの結果が悪かったとしても、それ自体はよくあること。あまり思いつめないようにしましょう。

 

なお、全国統一小学生テストで偏差値が低かった場合の受け止め方については、こちらの記事で紹介しています。

【中学受験】全国統一小学生テストで偏差値が低い! 難関中学に受かる? - ノビコトwww.nobikoto.com

 

とっておきのマル秘対策!全国統一小学生テストの対策授業を受けよう

「テストの点を伸ばしたい」と考えているなら、とっておきの対策法があります。

 

全国統一小学生テストの対策授業をご存じでしょうか。正直、これを受けているかどうかで点数はガラリと変わります。

 

主催の四谷大塚が対策授業の問題を用意しているので、一般的な塾の模試対策とは違い、当日の出題傾向ドンピシャです。対策授業の内容をしっかりと復習し、完璧に解ければかなりの高得点になります。


塾側としては、「対策授業を受けた子供の中から、ひとりでもいいから入塾希望者が出てきてくれたらよいな」というのが本音です。そのため、それなりに人気の講師を起用して気合を入れて授業しますし、受けて損はありません。

 

また、塾を見極める上でのよい判断材料にもなるでしょう。「対策授業がつまらなかったら、その塾に通うだけの価値はない」と判断してよいです。

 

私の知る塾では、希望する親がいれば、対策授業の見学を受け入れていました。

対策授業は、なるべく見学しておくことをおすすめします。将来的に塾を考える上でも参考になるかもしれません。


塾まで足を運ぶとなると、しつこく勧誘されないか不安に思う家庭もあることでしょう。塾にもよるかもしれませんが、対策授業で塾の勧誘をされた話はあまり聞きません。私の知る塾では、家庭側から声をかけられたときに対応する程度でした。この控えめな営業スタンスは、全国統一小学生テスト当日も同じです。

 

対策授業を受けられる塾が近くにあれば、ぜひ一度受けてみることをおすすめします。

 

早稲田アカデミーの場合、対策問題のメール送付

早稲田アカデミーの場合はメールで対策問題が事前に送付されます。対策授業ではないですが、家庭でじっくり解くことが可能です。

 

つい面倒くさくて確認しないまま当日を……なんて話も聞きますが、それはとてももったいないです。ちゃんと解いておきましょう。

 

対策の機会を逃さず、本番に挑もう

対策授業を受けたり、対策プリントに取り組んだりすることで、全国統一小学生テストの結果はガラリと変わってきます。出題傾向を押さえた内容ですし、予行練習だと思って臨むことで本番で変に身構えずに済むはずです。ぜひ、しっかりとやり込んでからテスト当日をむかえてください。

 

おすすめ記事

【中学受験】全国統一小学生テストで偏差値が低い! 難関中学に受かる?

【2021夏期講習の費用比較】サピックス・四谷大塚・早稲田アカデミー

【サピックス・グノーブル】評判は?御三家対策におすすめの塾選び

【落ちる前に】サピックスの入室テストの合格率と対策!

【元塾講師】中学受験模試! 合不合判定テストの結果が悪くてもOK!

偏差値50は真ん中? 中学受験を目指す上で、知っておきたい偏差値の見方

【元塾講師】中学受験塾選び!御三家・難関校・中堅校狙い各おすすめ

中学受験の勉強はいつから始める? 低学年から対策できるって本当?

ホームページを鵜呑みにしない! 通うべき塾の選び方。先生の給与や待遇も大切? 

公立中高一貫校を「受検」。滑り止めに私立中学校を併願するか 

【必読!】後悔しないために入塾時の面談で聞いておきたい必須事項

【私立か公立か】子供の教育費っていくらぐらい? 知っておきたいお金の話

www.nobikoto.com